BBUリサーチ

BBUリサーチ

世の中に存在するBBUなモノ、コト、ヒトをさまざまな角度から調査し"ビンボーゆすり"とは一体なんのかを調査していくコーナーです。

第1回:Introduction 日本固有の概念"ビンボーゆすり"が世界進出

2009年2月10日
面白法人カヤックBBU調査員

「貧乏ゆすり」とは、座っているときなどに、身体の一部(特にヒザ)を絶え間なく揺らすコトです。たいていの場合、「貧乏ゆすり」をしているヒトは、ヒトに指摘されるまで気づきません。無意識に癖としてやってしまうことも多く、ヒトによい印象を与えないという観点から、悪い癖とされています。

その、「貧乏ゆすり」は、国や世代を超えて、世界中で広く行われているようです。そしてだいたいが悪いマナーや、神経質などととらえられ、とにかくネガティブイメージな行為というイメージは万国共通のようです。
ただ、この足をゆする行為に対して名前をつけているのは日本のみです。

でも、よりによってなんで「貧乏」なのか?

貧乏(びんぼう)とは、財産や収入が少なくて生活が苦しいこと。貧しいさま。貧困より生活には困窮していない(ウィキペディア参考)。つまり、「貧乏」というコトバ自体に悲壮さはなく、どこかあっけらかんとしている。「器用貧乏」、「貧乏神」、「貧乏暇無し」、「貧乏くじ」、「貧乏草」など日本には「貧乏」を冠した名詞が結構あるけれど、どれもどこか笑い飛ばせるというか、無邪気というか、深刻な感じはなく、親しみやすいというか、ユーモアやウィットすら感じられます。

そんな、人類共通の悪癖でありながら日本では固有名詞まで獲得した「貧乏ゆすり」を世界に発信しようというプロジェクトがBBUプロジェクトです。

貧乏ゆすり 」という名称の由来については諸説あります。

  • 貧乏人が寒さに震える様子から
  • 高利貸しが貧乏人から取り立てる際に足をゆすることが多かったから。
  • 江戸時代に足をゆすると貧乏神に取り付かれるといわれていたから。

などといわれていますが、
このエピソードもまたどれもどこか深刻さよりも可笑しさを保有しています。

迷惑な癖とはいうものの、どこか憎めない響きの「貧乏ゆすり 」。

迷惑で悪い癖かもしれないけれど、それをポジティブなパワーに変換、利用できたら・・・。」という着眼点により、YUREX開発はスタートしました。

そして、出会ったのが明和電機の提唱する「 BBU概論 」。BBU=Bounding Body from Unconciousness、無意識からの体の揺れ・・・。

貧乏ゆすり」は、無意識の深淵へ誘うビート、ひとりひとり固有のインナービート。「ビンボーゆすり 」はクリエイティブの源なのです。

我々は、ビンボーゆすりを「クリエイティブの源 」と定義し、今後も調べていくつもりです。